温泉津の町並み 

温泉津の温泉街にやってきました。
温泉津は1300年の歴史を持ち、今も江戸~昭和時代の建物が残る風情ある温泉町です。

レトロな床屋さんを発見。
入口にある「チョンマゲからナウな髪型まで」という看板のフレーズがいいですね~。(笑)

DPP_5361.jpg

龍御前(たつのごぜん)神社。
天文元年(1532)創建と伝わる温泉津の古社です。

DPP_5365.jpg

社殿では毎週土曜日の夜に石見神楽の公演が行われています。

こちらは「震湯カフェ内蔵丞(くらのじょう)」

DPP_5363.jpg

大正8年(1919)建造の薬師湯旧館の建物を利用したギャラリーカフェです。

DPP_5364.jpg

温泉施設として建てられた中では温泉津に現存する最古のものなのだそうですよ!

石見銀山の外港として、後には北前船が寄港する港町として栄えた温泉津の港。

DPP_5366.jpg

水がすごくキレイで、魚がたくさん泳いでいました。

DPP_5367.jpg

釣りを楽しんでおられる方も多かったです。

よろしければポチッと
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます♪

関連記事