2017年10月の記事 - 1ページ目 - ダンボーと風景と

ダンボーと風景と

月・日別2017年10月 1/1

大三島ふるさと憩いの家

大三島ふるさと憩いの家です。ここは海辺の廃校を利用した宿泊施設。昭和61年に廃校になった旧大三島町立宗方小学校をほぼそのまま宿泊施設として使っています。開放型の長い廊下がある平屋建ての校舎は、まるで昭和の時代にタイムスリップしたような感覚になります。校庭のすぐ向こうは砂浜で、景色もすごくよかったです~♪2003年に公開された木村佳乃さん主演の「船を降りたら彼女の島」という映画のロケ地にもなっています。よ...

  •  0
  •  -

大山祇(おおやまづみ)神社

連休が取れたので、2泊3日で しまなみ海道~とびしま海道~広島市内へ行ってきました。まずは大三島にある大山祇(おおやまづみ)神社へ。平日なうえ、お天気も悪かったせいか参拝客が少なくて空いてました~。ダンボーを設置して写真を撮っていると、その様子を見ていたおみやげ物屋のおばちゃんに大笑いされてとても恥ずかしかったです…。(恥)大山祇神社は、全国に一万社余りある大山積神(オオヤマツミ)を祀る神社の総本社。境...

  •  0
  •  -

松江水燈路

島根県立美術館でキレイな夕日を見た後は、松江水燈路へ。松江水燈路は、松江城周辺をライトアップする光のイベントです。城下町松江ならではの光と影が織りなす幻想的な風景を楽しむことができます。松江城と興雲閣もライトアップされていてキレイでした~♪地元の小学生が作った手作り行灯はどれもかわいかったです。松江水燈路は、~10/31(火)まで開催されています。よろしければポチッとありがとうございます♪...

  •  0
  •  -

宍道湖の夕日

夕日を撮りに島根県立美術館にやってまいりました。島根県立美術館は夕日鑑賞の名所でもあるんですよ♪こちらは前庭にある宍道湖うさぎ。シジミをお供えしてお願いすると、恋が叶うと言われています。日が沈み始めました。美術館から望む宍道湖の夕日はとても素晴らしく、2009年に発行された「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では星一つを獲得しており、「日本の夕日百選」にも選ばれています。あっという間に沈んでしまい...

  •  0
  •  -

黄泉比良坂(よもつひらさか)

松江市東出雲町にある「「黄泉比良坂(よもつひらさか)」です。黄泉の国(あの世)と現世の境界とされ、古代出雲神話の中で伊邪那岐命(イザナギノミコト)が、先立たれた最愛の妻 伊邪那美命(イザナミのミコト)を慕って黄泉の国を訪ねて行かれるその入口が、黄泉比良坂(よもつひらさか)であると伝えられています。草刈りをしておられた地元の方がこの地にまつわるいろいろなお話を聞かせて下さいました。そして「よかったら...

  •  0
  •  -

しまね花の郷 フラワーハロウィンフェスタ

雨が止んだので、写真を撮りに「しまね花の郷」へ行ってきました。写真多めですが、最後までお付き合い頂けるとうれしいです~。しまね花の郷は、春はボタン、夏はヒマワリ、秋のコスモス、冬のシクラメンの他、四季折々の多彩な花を楽しむことができるフラワーパークです。コスモスがキレイに咲いていました~。こちらはトルコキキョウ。島根県オリジナル品種なのだそうです。なんて美しい~♪ハロウィンフェスタということで、あ...

  •  0
  •  -

品(しな)の滝

彼岸花が残念な結果となってしまったので、滝を撮りに行くことにしました。広島県三次市甲奴町にある「品(しな)の滝」へ。一の滝~三の滝まで、3つの滝が点在しているのですが、二の滝から三の滝へは急傾斜やロープを使いながら川を渡る場所があり山歩きの服装が必要とのことだったので、一の滝だけ見ることに。駐車場から一の滝までは約400mほど。遊歩道も整備されていて、アップダウンもない平坦な道なので歩きやすかったです...

  •  0
  •  -

辻の彼岸花群生地

前記事でご紹介した、彼岸花の群生地へ行ってきました。場所は広島県三次市吉舎町辻地区です。着いた時にイヤな予感がしました。なぜなら、あまりにも人がいなさすぎるからです。(苦笑)そのイヤな予感は見事的中。花が全くといっていいほどありません~。(悲)後からたくさん人が来られましたが、みなさん「あれ?全然花がない!」とビックリされてました。そりゃそうですよね。(汗)仕方がないので、少しだけ咲いていた彼岸花を一枚...

  •  0
  •  -