2017年11月の記事 - 1ページ目 - ダンボーと風景と

ダンボーと風景と

月・日別2017年11月 1/1

出雲 日御碕灯台

島根半島最西端の断崖にそびえる、出雲日御碕灯台。灯台がとても大きいので、「ダンボーを探せ!」状態になってますね。(笑)明治36年(1903)に設置され、高さは43.65mと日本一の高さを誇ります。海面から灯塔の頭上までは63.30mもあります。100歳を越えた今もなお現役で海の安全を守っているんですよ~♪全景はこのような感じです。ちなみに、灯台の内部には163段のらせん階段があり、参観料200円で灯台上部の展望台へと上がること...

  •  0
  •  -

尾関山公園

紅葉の写真を撮りに、広島県三次市にある尾関山公園へ行ってきました。紅葉の名所ということで、人も駐車場もいっぱいでした。(汗)美しい紅葉のトンネルにウットリ…。ダンボーもキレイな紅葉を堪能できたはず。(笑)ダンボーの写真を撮っていると、ちびっこ2人に「あっ!こんな所にダンボーがおる!」とビックリされました。幼稚園ぐらいの子たちでしたが、ダンボーのことを知ってるなんて…私はそのことにビックリです。(驚)よろし...

  •  0
  •  -

祖谷渓の小便小僧

祖谷街道中、一番の難所といわれる七曲に小便小僧の銅像があります。そしてこの小便小僧。…ものすごい所に立ってるんです。(汗)谷底までの高低差はなんと約200m!少年たちが昔、ここで度胸試しをしていたことにちなんで立てられたとのこと。こんな所に立たされたら、出るものも出ないですよね…。(苦笑)場所が場所だけにダンボーを設置することができなかったので今回は小便小僧の写真だけです。ごめんなさい!ちなみに、祖谷街道は...

  •  0
  •  -

琵琶の滝

かずら橋のすぐ近くにある琵琶の滝。かなり日が差していたので、ダンボーが白光りしてしまいました。(汗)琵琶の滝は落差50m。滑り落ちる水の帯が美しいです。せっかくの素晴らしい滝なのに、手持ちで撮ったのでブレブレ…。祖谷に落ちのびた平家の落人たちが滝の前に集まり、京の都を偲び琵琶を奏でたという伝説が名前の由来なのだそうです。滝の真下には吉野川が流れています。流れが結構早いです~。そして水が本当にキレイです。...

  •  0
  •  -

祖谷(いや)のかずら橋

徳島2日目は、朝イチで祖谷(いや)のかずら橋へ。渡橋には料金550円が必要です。かずら橋は長さ45m、幅2mのかずらで編み込まれたつり橋で、渓谷と橋の風光明媚な景色が楽しめるビュースポットです。橋の14m下に祖谷川が流れ、渡ってみると間隔が広い踏み板の隙間から川面がのぞきスリル満点!私は高い所は割と平気な方なのですが、これはさすがに怖かったです。(汗)橋の中ほどから景色を撮りました。紅葉が始まっていてキレイでし...

  •  2
  •  -

眉山(びざん)

阿波おどりミュージアムの5Fにある山麓駅から眉山(びざん)ロープウェイに乗って眉山山頂へ。料金は往復1,020円です。眉山は万葉集にも登場するなど古くから徳島を代表する景観として親しまれています。山頂まではロープウェイで約6分。山頂にある無料展望休憩所からは徳島市街が一望できます。ものすごく曇っていたので、写真を撮ってはみたもののイマイチ…残念です。(悲)公園内にあったパゴダ平和記念塔と記念写真を撮りました...

  •  0
  •  -

阿波おどりミュージアム

鳴門市から徳島市内へ移動しました~。こちらは阿波おどり会館の3Fにある、阿波おどりミュージアムです。入館料は300円。阿波踊りの歴史と魅力を楽しみながら紹介するミニ博物館です。阿波おどりの衣装、鳴り物、資料の展示や、阿波おどりの立体映像が楽しめる「阿波おどり3Dシアター」などがあります。楽しみながら阿波おどりを知ることができました。なかなか面白かったです~♪よろしければポチッとありがとうございます♪...

  •  0
  •  -

大塚国際美術館

1泊2日で徳島へ行ってきました。まずはずっと行きたいと思っていた、鳴門市にある大塚国際美術館へ。駐車場は無料、入館料は3,240円です。開館時間の20分前に到着したのですが、もう行列ができていました。(驚)入口を入ってすぐの長いエスカレーターを降りると、目の前に現れるのがシスティーナ・ホール。ミケランジェロが描いたヴァチカンにあるシスティーナ礼拝堂の天井画が完全再現されています。あまりの美しさに言葉を失いま...

  •  0
  •  -

大崎下島 御手洗の町並み保存地区

大崎上島で宿泊し、旅の2日目は大崎下島へ。御手洗の町並み保続地区にやってきました。観光駐車場(無料)に車を停めて、休憩所の前からお散歩スタート!江戸時代、風待ち・潮待ちの港として栄えた歴史情緒漂う御手洗の町並み。柑橘系炭酸飲料「オランジーナ」のロケ地として話題になりました。こちらの理髪店は、オランジーナ先生と男子学生がすれ違う場所です。さりげなくダンボー氏を設置してみました。(笑)こちらは「乙女座」...

  •  0
  •  -