2019年08月の記事 - 1ページ目 - ダンボーと風景と

ダンボーと風景と

月・日別2019年08月 1/1

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村です。入村料は790円。小豆島出身の作家 壷井栄の小説「二十四の瞳」を映画化した際のセットがあります。ロケ地として使われた木造校舎や男先生の家などが保存されています。懐かしい昭和の時代にタイムスリップ!教室の窓から見えるのは汐江海岸。美しい海と穏やかな波に癒されます~。岬の分教場にも行ってみました。入館料は240円。(お得な映画村とのセット券もあります)岬の分教場は明治35年(1902)8月に田...

  •  0
  •  -

マルキン醤油記念館

マルキン醤油記念館です。入館料は210円ですが、この日は無料開放中とのことで無料で入館できました。(喜)明治40年(1907)創業のマルキン醤油。記念館では醤油造りの道具や製造法、小豆島の歴史などがわかりやすく紹介されています。小豆島の醤油造りは400年以上の歴史をもち、今も20軒以上が昔ながらの製法にこだわり醤油や佃煮を作り続けているそうです。見学した後は敷地内にある物産館でしょうゆソフトクリームを頂きました。...

  •  0
  •  -

オリーブのリーゼントと制作現場

一足遅れの夏休み。2泊3日で小豆島へ行ってきました。現在、小豆島では瀬戸内国際芸術祭2019が開催されています。醤(ひしお)の郷周辺にある「オリーブのリーゼント」という作品がとても気になったので、写真を撮りに寄ってみることに。黒い板壁が続くノスタルジックな町並みを歩いて行くと。ありましたありました!オリーブ畑の中にどーん!と鎮座しています。(笑)実は無人販売の屋台で、写真では見えませんが横のくぼんだ部分に...

  •  0
  •  -

海洋堂フィギュア展

江津市の今井美術館で開催されている「海洋堂フィギュア展」に行ってきました。観覧料金は800円です。立体造形で世界的に高い評価を受けている海洋堂。海洋堂フィギュア展では、3,000点を超える海洋堂作品が展示されています。大魔神と記念写真。(笑)写真撮影OKなので、たくさん撮りましたよ~♪2階の展示室ではカプセルトイやジオラマがたくさん展示されていました。それにしても、なんと精巧で美しい彩色!この仏様なんて、そのま...

  •  0
  •  -