柳川藩主立花邸 御花 - 福岡県

柳川藩主立花邸 御花


太宰府から柳川へやってまいりました。

DPP_5314.jpg

お堀が張り巡らされた城下町 柳川は、北原白秋を始め多くの文人を輩出しているとのこと。

DPP_5316.jpg

風情ある町並みをお散歩しながら、柳川藩主立花邸 御花へ。
入館料は500円です。

DPP_5317.jpg

こちらは明治43年(1910)に建立された「西洋館」

立花家の迎賓館として建てられた鹿鳴館様式の流れを汲む建物です。

DPP_5318.jpg

立花邸は元文3年(1738)、柳川5代藩主 立花貞淑が私邸として増設し
7000坪もの敷地全体が国の名勝に指定されています。

こちらの大広間は約100畳もの広さを誇り、能舞台として使われることもあるそうですよ!

DPP_5319.jpg

そしてこちらは優美な姿を見せる庭園「松濤(しょうとう)園」

DPP_5320.jpg

池庭には大小の中島や岩島があり、常緑の黒松が見事に繁っていました。

よろしければポチッと
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます♪

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ