日御碕神社 - 島根県

日御碕神社


島根半島の西端に位置する日御碕神社。

DPP_5524.jpg

出雲国風土記に「美佐伎社」と記される古社です。

神社は下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と上の宮「神の宮」という上下二社からなり、
両本社を総称して「日御碕神社」と呼ぶそうです。

DPP_5525.jpg

階段の上の小高いところに「神の宮」があり、こちらには素盞嗚尊(スサノオノミコト)が祀られています。

こちらの下の宮「日沈む宮(ひしずみのみや)」には素盞嗚尊の姉とされる
天照大神(アマテラスオオミカミ)が祀られています。

DPP_5517.jpg

神話に出てくる二人の神様が鎮座される、厄除けや縁結びをご利益とした霊験あらたかな神社なのです。

DPP_5526.jpg

鮮やかな朱色の建物も美しいですよ~♪

よろしければポチッと
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ありがとうございます♪

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ